New Paradigm of Wind Power

シンプルで革新的な設計により
豊富な風力エネルギーを
クリーンエネルギーに変換

厳密な方程式に基づく独創的な帆の作動の仕組みにより、
風の抵抗を最小限にして高い発電効率をもたらす。 また、
主柱を持たない構造により、建物の屋上や側面に設置すること
ができ強風に対する強度も高い。この結果、強風化したビル風
を利用することができ、強風時の運転も可能になる。また、既存の
システムに比べて部品数が少なく、メンテナンスコストが低い。

 
 
 

風の抵抗が最小限になるように、
ユニークな方程式
に基づく帆の運動が
独自のガイド軌跡によって規定されている

 
風による抵抗を最小化
 
 

一対の方程式によって定義されるガイド軌跡および円形の公転軌道
に沿って各帆(ブレード)が移動する仕組みで、帆は風の方向に移動
する領域では、その向きを変えながら風の力を受け止めて移動し、
風とは逆方向に移動する領域では、風向きと平行になるような向き
のままで移動して風の抵抗を最小限に抑える。これにより、風の力
を最大限に利用することができ、エネルギー変換効率を高くする
ことができる。

 
トルクの最大化
 
 

帆がその回転軸と離れて配置されていることで、
トルクが大きくなり発電効率が高まる

 
最小限のノイズの風力発電システムは
商用および住宅用建物に設置が可能
 

支柱などを使用せずに建物に設置され
ビル風の効果を最大限活用する
シンプルなメカニズムの建物統合型の風力発電システム。

 


 
建物の屋上や側面に設置された場合には、
出力が風速の3乗に比例 (P= ½ ρAVᶟ)して、
元の風の3倍以上となる風力効果(建物の断面の集風効果)により、
安価に電力を供給することが可能。
 
1 m/sec Cut-in Speed

1 m/s の穏やかな風速でも発電

 
 
 

最小限の風の抵抗の高いエネルギー変換効率と ポールまたは
タワーなして、ビルなどの屋上や側面に設置することで、建物
の断面の集風効果を最大限活用し、元の風の3倍以上となる風力
エネルギーを提供する「建物総合型独立電力システム」として、
1 m/secからの風速での発電を提供し、日本のどこでも1年を通して
ほぼ毎日発電が可能。また、複数の支柱によって構成される構造に
より、強風に対する耐久度も高くなり、パラシュートなどの軽い
素材の帆を採用することで軽量化し、建物に対する負荷も少なく
なる。 さらに、建物に電力を供給する独立したシステムとして
作動すると共に、電力系統との連携も可能である。

 

東京の1年間の平均風速
1951-2019

Central Park 1984 - 2018
 
フレキシブルなデザイン
 


 

柔軟な形状・サイズ、複数台のスタック設置などが可能な
フレキシブルなデザイン性、軽量化および騒音発生の少ない
構造により、様々な建物・施設に簡単に設置することができ、
制約のあるスペースを効率的に活用。

 
 

多軸サポートによる高い安全性

 
 
1本の主柱によって支持する従来の風力発電機とは異なり、
外殻部(S)が4本の支柱によって構成されていると共に、
帆(A,C,B)も複数の支点で支えられており、構造的耐久性が
高い。
EDONAタービンは、風速以下でのタービンの回転と
安全性の設計により、最小の騒音で安全に運転しながら、
自然環境の風でも、30 m/secのカットアウト速度の理論値まで発電。
 
経済的なソリューション
 


各接触点での運行時の摩擦が最小
 
大型の風力発電機では部品の数が多く、部品の摩擦や熱で劣化すること
により設置後のメンテナンス費用が高くなるが、本風力発電システム
では、シンプルな設計により部品の数が少なく、また部品同士の摩擦が
少ないことにより、メンテナンスを必要とするまでの運用期間が長く
なる。その結果、システム本体のコストの低さに併せて、メンテナンス
コストも低く、長期にわたる運用コストが大幅に低くなる。
 

多軸サポートの安全性と
独立した電力供給システムにより
孤立の恐れからの解放

 
 
独立した電力供給システムによる建物の維持コストの削減により、
建物の価値を高めると共に、台風の風と建物との共鳴による被害を
緩和し、ブラックアウトなどの災害時の対策にもなり、災害時の孤立
の恐れからの解放をもたらす。
 
 
   
COPYRIGHT Ⓒ EDONA INC ALL RIGHTS RESERVED